脂肪溶解注射の施術中はどんなことをするの?どこにでもできるの?

メスを使う必要はありません

美しいスタイルを作るためには余計な脂肪を取り除くことが大事ですが、運動や食事制限を行っても落ちない頑固な脂肪もあります。
そして、通常のダイエットでは脂肪細胞は小さくすることはできても、脂肪細胞の数は減っていないのでリバウンドしやすい傾向にあります。
ダイエットで痩せることができても、食事制限のダイエットの場合は全体的にサイズダウンしますので、太ももや二の腕など気になる部分だけ痩せさせることも困難です。
そこで、注目されているのが脂肪吸引などの美容医療です。脂肪吸引はしっかりと脂肪を取り除くことができますが、体への負担も少なくない方法です。最近はより体に優しい施術が人気となっており、脂肪溶解注射も多くの人に選ばれている治療です。
脂肪溶解注射はメスを使わず注射のみで行えるので、体に目立つ傷が残る心配もなく、すぐに日常生活に戻ることができます。

様々な部分に対応できます

脂肪溶解注射や気になる部位に特殊な薬剤を注入し、脂肪を溶解しやすくしてくれます。溶解した脂肪は血液中から尿や便から排出されていきます。
脂肪細胞の数も減らすことができますので、リバウンドがしにくいのもメリットです。効果も少しずつ出てきますので、極端な変化ではなく自然な痩身が得られるのもこの治療の良いところです。
脂肪溶解注射は様々な部位に対応することができます。お腹やヒップ、太ももや二の腕など脂肪がつきやすい部分に対応できることはもちろん、顔を小さくしたい、すっきりとしたフェイスラインにしたいという場合にも対応できます。
顔用の注射はBNLS注射というもので、頬や顎などの気になる部分の脂肪を取り除き、こちらもゆっくりと効果が出ますのでダイエットに成功したかのように自然と小顔になります。周囲に気付かれずに痩身したい人にも脂肪溶解注射は向いています。